テイサンレジン®とは

様々な用途で使用される機能性ポリマー

テイサンレジンはナガセケムテックスの懸濁重合技術により製造されるアクリル酸エステル系ポリマーです。

優れた絶縁特性や接着信頼性を有し、電子材料用粘接着剤、エポキシ樹脂の改質剤(可とう性、応力緩和性付与)、表面保護フィルム用粘着剤など幅広い用途で使用いただいています。

テイサンレジンが選ばれる理由

確かな品質

当社の懸濁重合技術は昭和30年代から蓄積しており、現在に至るまで、様々な分野でのビジネスを展開して参りました。

現在では主に電子材料用途に展開しており、イオン性成分の低減など、厳しい品質要求を満たす製品を提供するために独自の製造技術を構築しています。

カスタムメイドテイサンレジン

用途や求められる特性に応じてポリマー設計を行い、特殊開発品をご提供することが可能です。

当社では多種多様なニーズに的確かつ迅速にお応えして参りました。長年に渡る実績と培ったノウハウに基づいて設計したアクリルポリマーをご提案いたします。

レスポンスが早く、細やかな対応により、お客様の問題解決のお手伝いをさせていただきます。

ページトップに戻る